群馬県の鉄工所

ステップス株式会社は、主に階段や手すりを作っている鉄工所です。
他にも様々な鉄関連のものを鍛冶加工しています。

鉄筋を3000本ひたすら切りました【八ッ場ダムに使用】

こんばんは。

本日は、八ッ場ダムで使う鉄筋をひたすら3000本切りました。

この仕事は月に1〜2回ほど依頼がきます。

こういう何かを切断するだけの仕事も結構あります。

八ッ場ダム用の鉄筋カット

鉄筋はおそらく八ッ場ダムのコンクリートの中に埋め込まれる用だと思います。鉄筋が入ることによって強度がかなり増すんですね。コンクリートには必ず鉄筋が入っています。

この長さ6mの鉄筋を400mmで3000本カットします。6m1本につき400mmだと15本とれるわけですから、6mの鉄筋が全部で200本必要です。

いきなり全部は台に乗せられないので、100本づつフォークリフトで、カットする機械(せん断機)の台に乗せます。

鉄筋を3000本ひたすら切りました【八ッ場ダムに使用】

6mだとうちの工場の幅的にかなりギリギリです。

事務所のポスト、ギリギリでうまいことセットできました。

動画も撮ってみました。

YouTube

セットできたら、せん断機でひたすら鉄筋をカットしていきます。

ポンポン、リズミカルに足で踏んでいく作業ですね。

しかし鉄筋は太さ16mmありますし、異型丸棒なのでゴツゴツして滑りが悪く、3000本ともなると地味に体力を使います。

YouTube

3000本あると、早くても半日以上はかかりますので、今日はひたすら鉄筋カット作業でした。

切った後にまとめる

もちろん切っただけで終わりではありません。

切った直後はこのような状態なので、

これを一本一本拾ってまとめて、番線で縛って並べて、フォークリフトで運ばねばなりません。

滑りが悪いので引っかかりますし、この作業は地味に腰にきますね。

今日は、自分が拾ってまとめる担当でした。

一日中、ひたすら鉄筋を一本一本、3000本拾って、番線で縛る作業です。

地味な作業ではありますが、慣れるとわりとたいしたことありません。

このようにして、角度のついた台に揃えて並べて、天井クレーン(ホイスト)で上げてギュッとしばるわけです。

番線でしっかり固定したら、フォークリフトで外に運びやすいようにセットしていきます。

この作業をひたすら続けます。

10時ごろから始めて、17時きっかりに、3000本終わりました。

せん断機の調子がいまいち悪かったので、いつもよりは時間はかかりましたが、無事終了です。

明日の朝1に搬入予定です。

 

それではまた

 

 

 



コメント

タイトルとURLをコピーしました